カテゴリー別記事まとめ(←横へスクロール)

作曲に使えるコードを増やす14本のスケールたち:ダイアトニックスケール関係

スケールとは音階のことで、1番有名なのは、ドレミファソラシド〜という音階です。

このスケールはダイアトニックスケールという名前がついています。

他にも様々なスケールがあるので紹介したいと思います。

いろいろなスケールを覚えると、スケールからコードを作り出したり、使えるテンションを判断できたりして、曲づくりに役立ちます。

(今回のお話もキーボードで確認しながら読むとわかりやすいです。)

ダイアトニックスケール関係


先ほどのドレミファソラシド〜、という音階のダイアトニックスケール。

これから派生して7つのスケールが作り出せます。

仕組みは簡単で、ドレミファソラシの7音をそれぞれの音を起点に並び替えるだけ。すると、

① ドレミファソラシ:全全半全全全半
② レミファソラシド:全半全全全半全
③ ミファソラシドレ:半全全全半全全
④ ファソラシドレミ:全全全半全全半
⑤ ソラシドレミファ:全全半全全半全
⑥ ラシドレミファソ:全半全全半全全
⑦ シドレミファソラ:半全全半全全全

の7つの音階になります。横に書いてある全とか半は、各スケール音が隣の音とどのくらい離れているかを表しています。

例えば、ドとレは全音離れているので、全。ミとファは半音離れているので半、です。

この音の距離を参考に、7つのスケールを全てドの音から始まる場合で並び替えてみます。

① ドレミファソラシ:全全半全全全半
② ドレミ♭ファソラシ♭:全半全全全半全
③ ドレ♭ミ♭ファソラ♭シ♭:半全全全半全全
④ ドレミファ#ソラシ:全全全半全全半
⑤ ドレミファソラシ♭:全全半全全半全
⑥ ドレミ♭ファソラ♭シ♭:全半全全半全全
⑦ ドレ♭ミ♭ファソ♭ラ♭シ♭:半全全半全全全

すると、①(ダイアトニックスケール)に♭や#がついたスケールが6種類現れました。

これらがダイアトニックスケール関係のスケールです。それぞれ名前がついています。

① ドレミファソラシ:全全半全全全半:
 ダイアトニックスケール・メジャースケール・アイオニアンスケール
② ドレミ♭ファソラシ♭:全半全全全半全:ドリアンスケール
③ ドレ♭ミ♭ファソラ♭シ♭:半全全全半全全:フリジアンスケール
④ ドレミファ#ソラシ:全全全半全全半:リディアンスケール
⑤ ドレミファソラシ♭:全全半全全半全:ミクソリディアンスケール
⑥ ドレミ♭ファソラ♭シ♭:全半全全半全全:エオリアンスケール
⑦ ドレ♭ミ♭ファソ♭ラ♭シ♭:半全全半全全全:ロクリアンスケール

①だけは最もポピュラーなスケールなので、名前がたくさんあります。

上の音名は、あくまでドから始めた場合なので、初めの音によってスケール音は変わります。

全半音の音の距離が同じならどの音から始まっても同じスケール名です。例えば、

ドレミ♭ファソラシ♭=Cドリアンスケール
ソラシ♭ドレミファ=Gドリアンスケール

どちらも同じドリアンスケールで、始まりの音が違うだけです。

二つを区別したい時は、始まりの音(アルファベット表記)をスケール名の前に置いて表記します。

コードとテンンションを導き出す


各スケールからコードとテンションを導き出すことができます。

コードは始まりの音から一つ飛ばしに重ねていけばOK。
上の例でいくと、

① Cアイオニアンスケール:ド・ミ・ソ・シ
② Cドリアンスケール:ド・ミ♭・ソ・シ♭
③ Cフリジアンスケール:ド・ミ♭・ソ・シ♭
④ Cリディアンスケール:ド・ミ・ソ・シ
⑤ Cミクソリディアンスケール:ド・ミ・ソ・シ♭
⑥ Cエオリアンスケール:ド・ミ♭・ソ・シ♭
⑦ Cロクリアンスケール:ド・ミ♭・ソ♭・シ♭

という構成音になります。
①と④、②と③と⑥は同じ構成音ですが、使えるテンションが異なってきます。

ちなみに各構成音をコード表記にすると、

① Cアイオニアンスケール:ド・ミ・ソ・シ:CM7
② Cドリアンスケール:ド・ミ♭・ソ・シ♭:Cm7
③ Cフリジアンスケール:ド・ミ♭・ソ・シ♭:Cm7
④ Cリディアンスケール:ド・ミ・ソ・シ:CM7
⑤ Cミクソリディアンスケール:ド・ミ・ソ・シ♭:C7
⑥ Cエオリアンスケール:ド・ミ♭・ソ・シ♭:Cm7
⑦ Cロクリアンスケール:ド・ミ♭・ソ♭・シ♭:Cm7(♭5)

となります。これらはいわゆるダイアトニックコードと呼ばれるものです。

(詳しくはこちらの記事をご覧ください。)

テンションについては、下記の法則に当てはまるものを選んでいけばOKです。

スケール上の音で、、
①コードトーンの間にある音
②前の音と全音以上はなれている音

(詳しい解説はこちらの記事に書いていますので、ご参照ください。)

他にもいろんなスケールがある


今回はダイアトニックコード関係のスケールをご紹介しました。

スケールは他にもいろんなものがあります。その中でもよく使われる、

ディミニッシュ・コンディミ・ホールトーン・HmP5b・メロディックマイナー関係

などについて、次の記事で紹介したいと思います。

これらのスケールも、ダイアトニックスケールの場合と同様の考え方で解析していけば、コードやテンションを導き出すことができます。

それではまた次の記事で。
最後まで読んでいただきありがとうございました。



関連記事

  1. 作曲に使えるコードを増やす14本のスケールたち:まとめ

  2. 曲のメジャーとマイナーの違いとは

  3. 【初心者向け】曲作りに役立つ音楽理論:その⑥

  4. 作曲に使えるコードを増やす14本のスケールたち:HmP5b・ホールトーン

  5. コードの記事まとめ

  6. 作曲に使えるコードを増やす14本のスケールたち:ディミニッシュスケール

  7. コード表記からスケールを導き出す方法

  8. ベースラインからコード進行を考える方法

【公式LINE限定プレゼント!】

管理人SRM.のプロフィール

シンガーソングライター/作曲・音楽活動コンサルタント
音楽活動歴15年以上

メジャーレーベル歌手のレコーディング参加や大人気太鼓系ゲームへの楽曲提供あり。

作曲テクニックや音楽理論、音楽活動の悩みを楽にするテクニックについて発信しています。

  YouTube.

詳しいプロフィールはこちら

SRM.の音楽活動についてはこちら!

人気記事

PAGE TOP