カテゴリー別記事まとめ(←横へスクロール)

【初心者も使える】最初に鳴らすコードを意識して曲の印象をコントロールしよう②

このシリーズでは、曲の中で聴き手が最初に聴く音はとっても重要ですよ、最初に鳴らすコードによって曲の印象が変わリますよ、ということを書いています。

前回の記事では、最初のコードによく使われるものについて説明しました。
(前回の記事はこちら。)

今回は、最初のコードにはあまり使われない、だから使うと個性的な曲がつくりやすい、そんなコードについて書いてみます。

※ わかりやすいように全てキーがCの場合で表記しています。

トニックのオプションEm7


あまり見かけませんが、Em7始まりの曲をもたまにあります。

ダイアトニックコードの3番目にあたるコードです。
(ダイアトニックコードについて詳しくは、こちらをご覧ください。)

Em7はトニックのオプションと捉えるとわかりやすいです。
(トニックの意味については、こちらをご覧ください。)

CM7のCの音をDに変えて、Eの音がベース音になるように転回するとEm7になります。
つまり、Em7はCM7の変化形と考えられます。

トニックの一種と考えると安定した感じもありますが、マイナーセブンスコードなので、CM7にはない微妙な暗さも表現できます。

コード進行の例としては、こんな感じです。

Em7→Dm7→G7→CM7

最終的にCM7かAm7のトニックのコードに行き着くとまとまりやすいですが、CM7に行き着く方が意外性が出やすくて面白いと思います。

G7はsusで


G7始まりはあまり見かけません。

G7は不安定なドミナントのファンクションなので最初のコードにするにはかなり使いづらいです。

ただ、使いやすくする方法もあります。
それは、G7ではなくG7susに変形させて使うこと。

G7のBの音をCに半音上げて使うんですね。
そうすると一気にオシャレな感じの始まりにすることができます。

susコードは、メジャーかマイナーかわからないアンニュイな雰囲気のコードなので、それがオシャレな感じを演出しているんですね。
(susコードについては、にこちらの記事もどうぞ。)

コード進行の例としては、こんなのはいかがでしょう。

G7sus→Am7→FM7→CM7

ちなみに、G7sus(原曲キーではA♭7sus)で始まる名曲があるので、載せておきますね。

超レアなBm7(♭5)


Bm7(♭5)で始まる曲は、Popsなどではまず見かけません。

マイナーセブンフラットファイブという不安定な響きのコードなので、1番最初のコードに使うにはかなりハードルが高いです。

なので逆に、これを最初に使うコード進行で曲ができれば、かなり個性的な曲をつくれると思います。

といったわけでいくつかコード進行を考えてみました。

Bm7(♭5)→Dm7→CM7→FM7
Bm7(♭5)→CM7→Dm7→Em7
Bm7(♭5)→E7→Am7→F#m7(♭5)

皆さんもこのレアキャラ始まりのコード進行に挑戦してみてはいかがでしょうか。

無数の表現を試そう


といったわけで、始まりのコードについて各ダイアトニックコードを見てきました。

ダイアトニックコードだけでもこんなに使い分けができるので、近親調など他のコードも考えると、無数の表現が考えられます。

やはりコード進行って奥深いですね。

皆さんも表現したい内容によって、たくさん試行錯誤してみてください。

その努力が最高の曲を生み出す土台になります。

私も日々努力、頑張ります。
一緒に楽しみましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。


初心者向けの音楽理論メール講座(無料)を配信中!


関連記事

  1. 無調系和音のテクニックでコード進行のマンネリを解決しよう④コンティギュアス・パターン

  2. 【作曲に使える】コード進行を考えるための基礎知識と定番進行6パターンをヒット曲とともにご紹介

  3. 【初心者向け】曲作りに役立つ音楽理論:その①

  4. コードのファンクションで曲の物語をドラマチックに演出しよう

  5. ホールトーンスケールは作曲のスパイスになる

  6. コード進行もハモリもリッチにしてくれるUSTのテクニック②

  7. 無調系和音のテクニックでコード進行のマンネリを解決しよう③ペダルポイント

  8. 曲のメジャーとマイナーの違いとは

無料の音楽理論メール講座を配信中!

管理人SRM.のプロフィール

シンガーソングライター/音楽活動歴約15年

メジャーレーベル歌手のレコーディング参加や大人気太鼓系ゲームへの楽曲提供あり。

作曲テクニックや音楽理論、音楽活動の悩みを楽にするテクニックについて発信しています。

  YouTube.

詳しいプロフィールはこちら

SRM.の音楽活動についてはこちら!

人気記事

PAGE TOP