カテゴリー別記事まとめ(←横へスクロール)

【作曲初心者必見】コードには安定なものと不安定なものがあることを理解しよう

コードには安定しているものと、不安定なものがあるのをご存知でしょうか?

どんなコードが安定でどんなコードが不安定なのかを知ると、コード進行の流れがダイナミックにつくれたり、狙った通りの曲の展開をつくれるようになります。

ファンクションでの安定・不安定


コードの安定・不安定には、2つの意味があります。 

ひとつ目は、ファンクションからみた場合です。

ファンクションとは、使われているコードがコード進行の中でどんな役割をするか、という各コードの機能のこと。

(詳しくはこちらの記事をご覧下さい。)

上の記事にもありますが、トニックの機能をもつコードが安定したコード、ドミナントの機能をもつコードが不安定、ということになります。

ちなみに、サブドミナントのコードはその中間です。

このファンクションからみた安定・不安定と、次のトライトーンからみた安定・不安定とは互いに関連があります。

トライトーンを含むコード


安定・不安定のもう一つの意味は、トライトーンを含むコードかどうかということです。

トライトーンとは、半音6個分の音の距離のこと。
例えば、ドの音に対するトライトーンはファ#になります。

このトライトーンの関係にある2音をコードの構成音に含んでいると、そのコードは不安定ということになります。

トライトーンの関係にある2音は、全ての音程の中で最も響きが濁る音程だと言われています。 
(実際にキーボードで弾いてみるとよくわかります。)

濁った響きを持つコードなので、ずっと鳴らしているよりも、響きが濁っていない他のコードへ進行したくなります。

そのため、トライトーンを含むコードは不安定とされているのです。

ドミナントセブンスコード


トライトーンを含むコードの代表は、ドミナントセブンスコードです。

例えば、G7の構成音は、ソ・シ・レ・ファです。
シとファが半音6個離れていてトライトーンの関係です。

この2音が不安定な響きを作るため、他のコードへ進んで安定したくなります。

では、この2つをどのように動かすと安定するでしょか。

以前の記事でボイシングという話を書きましたが、


ここでは、次のコードへ進むときは最小の距離(1半音または1全音)で音を動かすのがいいですよ、というお話をしました。

この考えを適用して考えてみます。

シとファの場合、シを半音上・ファを半音下にそれぞれ動かすと、ドとミになります。

ドとミは、半音4個分(長3度)の距離になりとても安定した響きになります。
(これもキーボードで弾いてみるとよくわかります。)

変更後の構成音を確認すると、ソ・ド・レ・ミです。
これを並び替えると、Cadd9(ド・レ・ミ・ソ)というコードがみえてきます。

このG7→Cという流れはまさに、ファンクション記事で書いた、ドミナントからトニックへの流れと一致します。

ファンクションでの不安定なコードがドミナントセブンスコードなのはこのためです。

(ちなみにCとCadd9は、ここではほぼ同じと考えてOKです。詳しくはテンションについての記事をご参照ください。)

安定・不安定を曲に活かす



2つの意味での安定・不安定をみてきました。
では、これを曲にどう活かせばいいでしょうか。

一つは曲の展開を考える際に使えます。

1番聴かせてたいメロディのところは安定のコード=トニックを使う。
その直前、トニックへつなげるための盛り上げどころに不安定=ドミナントを使う、というのが一般的です。

もう一つは、コード進行のバリエーションを増やすのに使えます。

例えば、こんなコード進行。

CM7→G7→B♭7→Am7

キーはCです。
トニック(安定)のCM7で始まり、ドミナント(不安定)のG7へ進行します。

次のB♭7は、上で書いたトライトーンの解消の応用です。
G7のシの音を半音上でなく、半音下へ動かします。

すると、シ♭・レ・ファ・ソ、という構成音がみえてきます。
これは、ソを半音上にしてやれば近親調のキーE♭のドミナントであるB♭7(シ♭・レ・ファ・ラ♭)になります。

(近親調については、こちらをご覧ください。)

このように、近親調への行き来のきっかけとして使えば、近親調のコードを折り混ぜたコード進行の流れをよりスムーズにできます。

これを応用すると、転調のきっかけとしても使うことができます。

先ほどのコード進行で言えば、

CM7→G7→B♭7→E♭M7

のように、B♭7の後にキーCのコードに戻らずに、その後のコード進行をキーE♭のコードにしてしまえばOK。

トライトーンの解決を挟むことでスムーズに次のキーへつなげられます。

安定・不安定は曲の要


よく、「音楽とは緊張と緩和でできている」といわれます。

これはつまり、上で書いたような安定・不安定を上手く配置することで曲の物語を進めていく、という音楽の構造を言っているのです。

安定・不安定の概念は曲の要になる重要な考え方なんですね。

以上、参考になれば嬉しいです。
最後まで読んでいただきありがとうございました。



関連記事

  1. 近親調を知って作曲の幅を広げよう

  2. 【初心者でもわかる】分数コードを効果的に作曲に取り入れるにはどうすればいいか

  3. 【作曲に使える】コード進行を考えるための基礎知識と定番進行6パターンをヒット曲とともにご紹介

  4. 曲作りに転調を取り入れる方法【2種類の転調を使い分ける】

  5. 作曲に使えるコードを増やす14本のスケールたち:ディミニッシュスケール

  6. サスコードで浮遊感のある曲を作ってみよう

  7. 無調系和音のテクニックでコード進行のマンネリを解決しよう①無調とは

  8. ホールトーンスケールは作曲のスパイスになる

【公式LINE限定プレゼント!】

管理人SRM.のプロフィール

シンガーソングライター/作曲・音楽活動コンサルタント
音楽活動歴15年以上

メジャーレーベル歌手のレコーディング参加や大人気太鼓系ゲームへの楽曲提供あり。

作曲テクニックや音楽理論、音楽活動の悩みを楽にするテクニックについて発信しています。

  YouTube.

詳しいプロフィールはこちら

SRM.の音楽活動についてはこちら!

人気記事

PAGE TOP